シェレメチェヴォ空港からモスクワ市内へ。今日の宿も個性的。

母すみれです。

サンクトペテルブルクにいる時に、神アプリと頼むSkyscannerで予約した、最安価格のノースウインド航空に乗り、モスクワに3つある国際空港のうち、シェレメチェヴォ空港に着きました。

いよいよモスクワ入り間近です。

シェレメチェヴォ国際空港からモスクワ市内へ

シェレメチェヴォ空港からは高速鉄道アエロエクスプレスに乗り、ベラルーシ駅まで。そこからは隣接したメトロ駅から市内各方面に行けます。

アエロエクスプレスは、3つすべての国際空港から出ていて、やはりメトロが隣接しています。一昔前に比べると、たいそう便利になったそうです。

アエロエクスプレスはほぼ30分ごとに運行されています。料金は普通車で470ルーブル、日本円にして、約940円。(2016年5月現在)窓口、自動販売機でチケットが買えて、すぐに乗れます。

約35分間の乗車で、とてもきれいで快適でした。

ちなみに、モスクワにはモスクワ駅というものは存在せず、行き先によって名づけられた9つのターミナル駅があります。つまり、ベラルーシ駅は、ベラルーシ方面へ行く(から来る)列車の発着する駅なのです。

ベラルーシ駅から隣接のメトロ、ベラルースカヤ駅から数駅で、私たちの宿の最寄のチェホフスカヤ駅へ。

余談ですが、このチェホフスカヤ駅の地下通路にあったジュースの自動販売機、通りすがりになんだか見慣れた感じだなあ、と思ってまじまじ見ると、自動販売機自体が日本のメーカーのもの、そして、販売機に入っている飲料をよーく見ると、

ん?拡大してみましょう。

画像が粗くて見えにくいですが、なんとかトマト、とか葉の茶、とか書かれたペットボトル、見慣れた絵柄の缶コーヒーも。

ここでも日本企業、頑張ってるなあ、と嬉しくなったことでした。

日本にいると日本人であることを意識することはないのに、外国に来ると、とたんに日の丸を背負っている気になるのは、どうしてなんでしょうね。

モスクワの宿はペンション風でした

駅から「地球の歩き方」についている地図を頼りに大きなスーツケースを引き引き、歩いて駅から5分ほどと思われる、今日の宿を探しました。

またまたみずきがExpediaで予約した宿は、アパートの密集した地域のわかりにく~い場所で、同じ場所を2,3周した末、何とかたどり着きました。

ここからですと、クレムリンまで直線で1kmほどの距離です。

中に入ると、若い夫婦が最近始めたばかりの宿で、4,5室の小さいペンション風でした。新しい内装、素朴で温かい感じのインテリアで居心地が良さそう。

世界中から旅人を迎えているようで、世界地図が壁に貼ってあって、旅人が自分の出身地に赤いピンを刺すようになっています。

おっ、東京はまだいませんでした。1番乗り!

宿の若いご主人は、そこそこ英語が通じましたが、奥さんはだいぶ苦手みたいで、私と話す時も、筆談、ボディランゲージ、果てはお互いPCに単語を打ち込んでググる、といった具合でした。それでも、あまりの通じなさにお互い顔を見合わせ肩をすくめながら「フフフ。」「ハハハ。」と笑った顔の可愛らしかったこと。

笑ってごまかす、って万国共通だったんですね。

宿の主人は几帳面。

清潔な共同キッチンでは簡単な料理ができるようになっていて、居心地は良かったのですが、唯一、テーブルの上にバッグを置くことは、NGでした!

リビングには他のお客もおらず、次の計画を立てようと、私が何気なく小さなショルダーバッグをテーブルの上に置いてメモ帳やらスマホやらを取り出していたところ、向こうからご主人が飛んできて、「No!バッグをテーブルの上に置かないでください!バッグはどうぞ椅子に。」と頼まれてしまいました。ごめんなさい、そんなに悪いこととは思わず…赤面。

そこに、部屋からみずきも出てきて、同じように知らずにバッグをテーブルの上に置いて、中から物を取り出そうとする…やばい、彼がこっちを見ている!

(みずき、テーブルの上にバッグを置くことは無作法みたいよ、彼が気にしてる)、とささやくと、みずきも(ほんとだ、こっち見てる~っ)

無作法な日本人と思われないよう、小さな日の丸を背負った日本人の代表として、それからは清潔に気を遣い、部屋を出る時は、きっちりとゴミの分別もして、できるだけの掃除をしてお返ししたものです。

皆さんも、ロシアを旅する際には、バッグをテーブルに置いてひんしゅくを買いませぬよう、お気をつけください。

あ、そんな無作法者は私たちだけですかね(汗)

いずれにせよ、いろんな宿にいろんな主人、一期一会はおもしろい。

気を取り直して、落ち着いたところで、いざモスクワ観光に行こう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする