バレエ・コンサート三昧@サンクトペテルブルク

CAみずきです。

いよいよ旅のハイライト、バレエ・クラシックコンサート三昧体験についてです。

(オペラは、残念ながらペテルブルク滞在期間中、観たい演目に当たりませんでした)

マリインスキー劇場

www.mariinsky.ru

↑左の旧館と右の新館の間には川が流れています

1783年創設のロシアを代表するオペラ・バレエ劇場です。

世界五大バレエ団の一つで最高峰とも言われています。ロシア帝国の宮廷バレエを起源とし、ロシア国内で最も格調の高いバレエ団です。世界的にも長い歴史をもち、バレエの歴史に大きな影響を残したバレエ団で、二百年以上の伝統を誇っています。

荘厳、華麗な旧館と、2006年オープンしたコンサートホール、それに2013年にオープンした新館マリインスキー2があります。(この他に、コンサートホールもあります)

少し不便なところにあるので、時間の余裕をみて早めに行きましょう。

平日のステージはすべて19時以降スタートですが、土日は12~16時にスタートする昼間のステージもあります。

私たちの行った日には、ちょうど19時から旧館でバレエ『ジゼル』をやっていましたので、オンジのアパートを出て、午後の早いうちにカッサ(チケット売り場)で4階(?というのかよくわかりませんが)ボックス席の一番前の席を、指さしと簡単な数の英語で買うことができました。(英語は通じませんでしたがメモ帳に数をメモして伝えました。)日本円にして6千円くらいだったと思います。

19時開演ですが、ギリギリに行くと大変です!

5月はまだ寒くて、夜はコートが必要だったのですが、手に抱えたコートや大きな荷物があると、この劇場に関わらずどの劇場でも、係員に必ず呼び止められ、クロークへ行って預けるよう、注意されました。

クロークは広く係員もたくさんいますが、皆が一度に預けるわけですから時間もかかります。

少なくとも1時間前に着いて、荷物や上着を預け、時間があれば名門のオーケストラピットを覗いたり、華麗な装飾のロビーで少しアルコールをたしなんだり、美しく着飾った観客たちをウォッチングしましょう! 二倍の楽しさ、請け合いです♪

本場の『ジゼル』はさすがに素晴らしく、TVでよくローザンヌ国際バレエ・コンクールの1シーンだけを観ていたものを全幕観ることができ、その世界観に浸ることができました。

ミハイロフスキー劇場(マールイ劇場)

www.mikhailovsky.ru

こちらも、1833年に建てられた歴史のあるオペラ・バレエ劇場。

町一番の目抜き通り、ネフスキー大通りからほど近い場所にあるので、地下鉄駅やトラムの停留所にも近く便利。

北隣にはロシア美術館、その向こうには血の上の救世主教会、南にはサンクトペテルブルク・フィルハーモニー、少し西に足を延ばせばエルミタージュ美術館もあるので、ステージが始まる前に、他の施設の観光やエンタテインメントも計画的に回ることができます。

オンジのとってくれた『眠れる森の美女』のチケットを握りしめ、受付を通過し、席に辿り着く前に、ここでも「コートを預けるように」と係員に注意を受け(笑)、やっとのことでお目当てのボックス席に入ると、女の私の目から見てもなんと美しい、これぞ「現代版ロシア貴族」というようなご婦人と、モデルさんのようなプロポーションの、17、8歳くらいのご令嬢が隣に座っていたので、ステージが始まる前から、目の保養をさせていただきました。

やっぱり、美しい、っていいことですね~。

『眠れる森の美女』は、作曲がチャイコフスキーで、あのディズニー映画でおなじみなので、本当に楽しく見ることができました。

個人的には、この『眠れる森』や、『白鳥の湖』のように、魔女や悪魔が出てくるバレエが、迫力があって好きです。

サンクトペテルブルク・フィルハーモニー

www.philharmonia.spb.ru

世界的にも屈指の管弦楽団の本拠地です。

大ホールは1839年に貴族クラブのために建設されたものです。

ネフスキー大通りに面した小ホールも1949年オープンですが、それ以前から舞踏会の会場だったそうです。

大ホールも小ホールも、毎晩19時か20時からコンサートがありますが、たまたま私たちがミハイロフスキー劇場でバレエを見る前に通りかかった時に、バレエに間に合いそうな15時から、何か分からないながらもコンサートがあるようでしたので、渡りに船、と急きょ安い500円くらいのチケットをカッサで買い求めて、小ホールに入ってみました。

オケのメンバーなのでしょう、弦楽4重奏の雅な響きにしばし癒されました。

こんな素敵な演奏を、この価格で日常的に楽しめるとは、本当に羨ましい!でも、「この価格」は、今の日本円とロシアルーブルの為替レートの関係で安く感じるのか、ロシア人にとってはどうなのか、その辺はわかりません。

キーワードは「仮面舞踏会」

ところで、個人的にこの小ホールには、以前から興味がありました。

フィギュアスケートの浅田真央さんが氷上で舞った『仮面舞踏会』の曲は、ここでの貴族の仮面舞踏会をモデルにして描かれたものです。

レールモントフが戯曲に書き、それをハチャトゥリアンがオーケストラ用の組曲に起こしました。

どんなストーリーがあるのか、興味ありませんか?

あの、ぞくぞくするような1曲目の悪魔的なワルツ。

あれは、無実でありながら夫に不倫を疑われた妻が、踊り疲れた仮面舞踏会で、そうとも知らず復讐に燃える夫にアイスクリームに毒を盛られて絶命する前の踊りなのです。

ワルツでありながら強迫的な曲想の1楽章、美しく儚い中盤部、はしゃぎ過ぎの破滅的なフィナーレ…

そんなドラマがあのホールに流れていると想像しながら見回すと、華やかな貴族たちの愛憎の入り混じった舞踏会の様子が見えてくるようです。

後の詳しいお話が知りたい方は、ネットで検索してみてくださいね。

サンクトペテルブルクの劇場の外国人料金について

ロシア国内でも、モスクワではロシア人と外国人の料金の差はないようですが、サンクトペテルブルクでは、外国人向けの値段は高く設定されているという噂をききました。

劇場側からすると、外国人には高くしている、というよりロシア人には優遇料金が適用されるということらしいです。

いずれにせよ、私たちはネット上か劇場のカッサ(チケット売り場)で表示されている値段で買うほかはありませんが。

現地でチケットを調達しようとするつもりだった私たちですが、ダメもとで宿のオンジ(オーナーに勝手につけたニックネーム)に現地価格で購入をお願いしたところ、快諾していただき、宿泊2日目のミハイロフスキー劇場でのバレエを、ロシア人価格でチケットをゲットすることに成功(やった!ありがとうオンジ)。

どのくらい安くなったかは確認していないので実際のところわかりませんが、オンジの親切と、なんだかちょっぴり得したと思うと嬉しい気分です。

日本であらかじめチケットを確保したい方へ

人気の演目ですと、完売してしまっていたり、欲しい席が空いていなかったりすることもあるので、本来なら日本で計画を立ててチケットを取っていくのが、確実だと思います。

その場合は、各劇場のウェブサイトからe-ticketを取得しておくのが良いでしょう。

劇場によっては、ウェブサイトの調子が悪かったり、英語のページが表示されなかったり、支払いのページがブロックされていたりすることもあるようなので(私がそうでした)、代行でチケットを取ってくれるサイトもご紹介しておきます。

http://rusway.co.jp/ticket/ ルスウェイ・ロシア劇場チケットセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする